ブドウ栽培とワイン醸造の研究のための部門間のセンター(C.I.R.V.E.)


センターについて


C.I.R.V.E.と言うのはパドヴァ大学のブドウ栽培とワイン醸造の研究のための部門間センターですが、ブドウ栽培学とワイン醸造学の分野で研究を展開するために2003年に設立された。

C.I.R.V.E. の管理本部はパドヴァ大学のT.E.S.A.F.学科(土 地と農業林学科)にあるが、おペレ-シオンのオフィスはコネリアーノの大学キャンパス(トレヴィーゾ県)に位置している。この地域ではプロセッコ·ディ· コネリアーノヴァルドッビアーデネDOCG(統制保証原産地呼称)と言う有名なワインが生産されているから、高いワイン醸造職業の面積である。

このセンタ-は「ジョヴァンニバッティスタ・チェルレッティ」と言うワイン醸造学校やヴェネト農業会(ヴェネト農業のための地方機関)と一緒に機能的な教 育施設を共有していますが、ワイン科学やワイン微生物、コンピュータ教室、発酵と蒸留プラン、再発行のタンクや革新的で設備の整ったワインの試飲会会場な どと言う教室がある。

C.I.R.V.E.の副所長は農業政策学と農業経済学のヴァスコ・ボハットと言う教授ですが、 センタ-の科学委員会のメンバー は 教授バイロニ教授クーリオニ教授ピタッコ教授ダーラフォンターナ、教授ルッキン教授ジャコミーニの教授で構成されています。


 

 

 

 




教育


C.I.R.V.E.のコネリアーノの大学キャンパスで、イタリア人と外国人の学生は、次の教育課程を通うっていることができます。


過去数年間に次の他の教育活動がセンターによって提供されていた。

  • 「ブドウ栽培学とワイン生産学やワインリーのマーケティング」と言うの専門課程。
  • ブドウ栽培学とワイン醸造学について進歩したサマー·スクール。
  • ヴィニフェラヨーロマスタ-と言う組織と共同でブドウ栽培学とワイン醸造学についてのヨーロッパ修士課程。ヴィニフェラユロ-マスタ-はブドウ栽培科学の分野で動作する大学や学校の協会で構成されているヨーロッパ研修のネットワークである。

また、公的資金のおかげでC.I.R.V.E.は非常な熟練している専門家の育成を目的としたいくつかの職業訓練プロジェクトを完了しました。次の例のように。

  • 「発砲製ワインのマーケティングとコミュニケーション」と言うマスターですが、ブドウ栽培学·ワイン醸造学、マーケティングとコミュニケーションの管理面に至るまでのトピックに対修士課程です。
  • 「チャレンジプロジェクト」と言うのは企業のローカルコンテキストの社会経済的変換の管理、リストラのプロセスと変化の経営陣と再配置化の戦略に至るまでのトピックに対修士課程です。

 

 

 

 




検索


センターは D.A.F.N.E.学科(農学科、動物、食べ物、天然資源環境学科)とT.E.S.A.F.学科(土地と農業林学科)から有資格者のスタッフによって特徴づけられる。 毎年、このグループは、学際的チームで実験的な研究室を使用してもワインの微生物やワインの化学、ブドウ栽培、経済学とマーケティングに間する多く研究を開発している。

C.I.R.V.E.は様々な地方自治体と協力して、国内および国際的なプロジェクトを実現している。例えばブドウ栽培とワイン醸造のための実験セン ター、ヴェネト農業会, 農業、食料と林業省商工会議所、ワインの品質保護協会、コルディレッティなど 産業別組合、イタリアの農民連 盟, 民間企業とも。

C.I.R.V.E.は多くの研究センタ-や国立大学と強固な関係を維持しているが、例えば「コルモンス」と言うウディネ大学、「サンミケーレアルアディ ジェ」と言うトレント大学、「セントフロリアーノ」と言うヴェローナ大学。また、ミラン、パレルモとマルサラに基づいて、いくつかの他のセンター。

それにセンターはモンペリエ、ボルドー、ガイゼンハイム、デービス、マドリード、ポレッチ、アデレード、メンドーサの主要な国際研究センターと強力な関係 を維持し、例えば、ブラジル、南アフリカ、オーストラリア、チリ、等の多くの外国や外国の大学と協力関係を開発している。

特に、センタ-は、世界で最高の研究者や学生との間の直接的な接触を可能にするようにワイン醸造とブドウ栽培における研究·研修のための最も重要な国際機関のネットワークの確立のための オエノヴィティ・インターナショナル()との合意を形成しています。ネットワークは約37の大学や研究センターとの間を持っており、ボルドーシーガル大学によって調整されます。

2008年から2012年の間C.I.R.V.E.は、約40の研究プロジェクトを作成しましたが, そのうちの6は政府資金、22地域の当局や他の多くの民間企業や財団によってサポートされています。


 

 

 

 

 





ミッション


C.I.R.V.E.は熟練な研究者チーム、マスターコース、サマー·スクール、エラスムスや国際ワークショップ、革新的と実験的なプロジェクトなどのような研修活動のおかけで、葡萄栽培と醸造の分野におけるイタリアの研究·研修のリーディングです。 センターの使命の一つは、グローバル市場で競争力を持つための必要なノウハウを提供するように、学生、教授、研究グループの間で国際化を推進し、強化することです。

地方自治体との系統的な関係のおかげで、C.I.R.V.E.はイタリアのブドウ栽培とワイン醸造における 戦略的な選択肢を定義して、影響を与えることに、主要な位置を持っている。